自分で何とかするために

体調が悪いとき、疲れているとき、こんなものを食べればとりあえず何とかなる! このブログは、料理スキルのほとんどない、ひとり暮らしの男性を想定して書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

番外編 肩こりに効く話

 私が、毎日のように頻繁に覗かせていただいている、ずめさんのブログ「【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。」に、ブロガーの最大の敵は肩こりである、というような話が出ていました。かなりつらい肩こりで困っておられるようでしたので、私なりの肩こり解消法をまとめたいと思います。上記ブログ2006年2月28日の記事「人のためになるブログの書き方」にトラックバックしています。
 私も座業で、1日中パソコンの前に居ることが多く、また学生時代に体育の授業でひねった首や、少し前まで現場を回っていた頃にやっちまったぎっくり腰の関係で、肩こり腰痛とは縁の切れることがありません。
 なので…という訳ではありませんが、長い肩こり腰痛人生の中で見つけた、自分なりの解消法をいくつか持っていますので、それを今回はまとめてみます。

【お風呂に入る】
 まず全身の血行を良くすること。痛みはたいてい冷えから来ていることが多いです。この冷えを解消するには、肩や腰などの痛む部分だけでなく、全身を温めることが効果的です。そのためには、シャワーではなく湯船のお風呂に入ること。浴室内が十分暖まっているなら、肩まで浸からなくても、腰やわきの下までのお湯でも大丈夫。その代わり少し時間をゆっくりとって、顔から汗が出るくらいまで入っていましょう。「バブ」や「効き湯」などの入浴剤を併用するとより効果的です。もし家の近くに銭湯等の施設があるようなら、利用してみるのもいいです。サウナは、入らないよりはいいですが、温度が高すぎるため意外と体の表面しか温まらないのです。

【葛根湯を飲む】
 風邪薬として有名な漢方薬ですが、これは体の上半身を温める効果がある薬なので、肩こりにも効きます。特別な持病などがないなら、肩こり持ちの方は、常備されるといいと思います。漢方薬のいいところは、お腹が空いている時でも飲めることです。ぬるま湯で飲んでください。

【梅酒を飲む】
 腰痛持ちの方は、梅酒や梅干を継続的に取ると、症状が出にくくなるようです。うちの旦那がそうです。毎夕食前におちょこ1杯くらいを飲んでいます。日ごろ目に見えての効果はあまり感じられないのですが、たまに切らすとてきめん腰に来たりするので何となく効いているようです。

【前髪を切る】
 かつてワンレングスのボブにしていた時、常に顔にかかる髪をよけるように首を傾けていたようで、ひどい肩こりに苦しんでいましたが、髪形を変えたら、とたんに解決しました。前髪や横髪など、意外と髪型が原因で肩こりになっていることも考えられます。

【眼鏡・コンタクトレンズ・歯を直す】
 度数が合わない眼鏡やコンタクトは、それだけで肩こりの原因になります。眼鏡のフレームがゆがんでいても、肩こり頭痛になることがあります。一度チェックしてみましょう。あと、虫歯や噛み合わせの悪さから肩こりがくることもあります。もし思い当たるふしがあるようでしたら、早めに歯医者さんへ。歯は、早く治療をはじめるほど、安く早く終わります。

【ストレッチをする】
 同じ体勢を長時間続けないで、適度に運動をはさんで血行を良くし、気分転換を図ります。1)両肩をすぼめるように力を入れて上に上げ、次の瞬間力を抜いてすとんと両肩を落とす。2)両手を前で組んで手のひらを前に押し出すようにして背中を丸め、肩甲骨の間を伸ばす。3)今度は両手を後ろで組んで上に上げるようにし、肩甲骨の間を縮める。4)両手を肩の付け根からぐるぐる大きく回す。どの動きも、息を止めずに吸ったり吐いたりしながらするのがコツです。

【葱っぽいものを食べる】
 にんにく、にら、長ねぎ、玉ねぎなど、葱系の香りのものは、筋肉疲労の回復に効果的です。豚肉と一緒に食べると、より効きます。同時に水物も気持ち多めに取って、たくさん尿を出し、疲労物質の排出を促しましょう。

【椅子、机、枕、ベッドをチェックする】
 これらの不具合が、根深い肩こりの元になっていることも考えられます。正しい姿勢でいれば体のゆがみは防げますので、その原因になりそうなものを排除しましょう。比較的自分が長時間過ごしている場所に、不快なところがあるかもしれません。

【よく眠る】
 結局のところ、これが一番効くかもしれません。人間の自然治癒力はなかなか侮れませんよ。ストレスが肩こりとなって出ている場合もありますので、そんな時は美味しいものでも食べてお風呂に入って早めに寝てしまいましょう。でも実際は、これが一番難しかったりもするんですよね…。


 さし当たってこんなところでしょうか。他にも思い出したら、またまとめます。すぐに実行できるものも、ちょっと難しいものもあると思いますが、全て私と旦那が実行したものばかりで、どれも多かれ少なかれ効果はありました。よろしかったらお試しください。ずめさん、おだいじに。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/03/06(月) 01:34:04|
  2. 過去記事・健康全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。