自分で何とかするために

体調が悪いとき、疲れているとき、こんなものを食べればとりあえず何とかなる! このブログは、料理スキルのほとんどない、ひとり暮らしの男性を想定して書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとつだけ買うなら電子レンジ

  *まとめ*
  調理家電をひとつだけ買うなら電子レンジがいい
  温め専用の単機能レンジで十分

※初めての方は、まずこちらの記事をご覧ください※

もし、賃貸で入居するマンションにガスコンロ、もしくは
IHのクッキングヒーターがついているとしたら、
鍋かヤカンを買えば、すぐに料理的なことはできます。

でももし、そういうものが一切ついていなかったり、
“火”は使いたくない、というのであれば。
考え方はいろいろありますが、
ひとつだけ装備を整えるとしたら、電子レンジでしょう。

電子レンジがあれば、
コンビニやスーパーで買ってきたお弁当や惣菜を温めることができます。
お酒の燗をしたり、コップ1杯の牛乳を温めたりも簡単にできます。
レトルトのカレーやおかゆ、サトウのごはんのようなものも温めることができます。
そして、サトウのごはんを使って、おかゆを作ることもできます。
そう。日常的にはおかゆは食べないけど、具合が悪いときはおかゆにする、
そういうこともできるんです。

他にも電子レンジは、ものによっては、
トーストを焼いたり、オーブン調理をしたり、蒸し料理をしたり、
いろんな機能がついているものもあります。
予算とライフスタイルと消費電力で、気に入ったものを選べばいいと思いますが、
実際問題、どれだけ料理できるかわからないようでしたら、
そんなにスゴいものにしないで、基本機能だけの
温め専用のような、シンプルなもので十分だと思います。

こだわらないのであれば、家電量販店に行けば、
最新モデルが出たタイミングで、前の型の商品はたいてい安くなりますから、
そういうのを選べば、より割安に整えることができるでしょう。

使い方は決して難しくはありません。
調理家電も、オーディオ機器やカメラなどと同じで、
マニュアル=取扱説明書がちゃんとついています。
これをよく読めば、基本的なことなら割とすぐにできるようになると思います。
やってはいけない注意事項や、掃除や手入れの仕方もたいてい書いてあります。
怖がらず、面倒がらず、使ってみて慣れることです。


おなじみサトウのごはん、「玄関開けたら2分でごはん」ですね。



温め専用の単機能レンジとは↓こういう感じのもの↓です。



ちなみにウチでは、オーブン機能もある↓こんな感じのもの↓を使っています。
買ったのはだいぶ前でメーカーも違いますが、値段も内容もだいたいこのくらいです。
普段はごはんや牛乳の温めくらいにしか使いませんが、たまーーーーに、ケーキやパンを焼いてみたりもしています。
スポンサーサイト

テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/13(火) 03:38:57|
  2. 自分で何とか・グッズ編
  3. | コメント:0

自炊はしない、という選択もありますが

  *まとめ*
  自炊はしなくてもいざという時のため非常食は用意しておいた方がいい
  非常食専用のものではなく日常食べるものを多めにストックする形がオススメ

※初めての方は、まずこちらの記事をご覧ください※

24時間営業のコンビニや外食できる店も増え、
全く料理をしなくても、食生活に困らないようにもできる世の中になりました。
いっそ自炊を一切しないことにすれば、キッチン回りのものを揃えなくてもいいし、
家の汚れも圧倒的に少なくできます。
ひとり分の料理を作るのって、案外難しいし、不経済になりがちですし。

でももし本当にひとり暮らしで、一切の食べ物を家に置いていなかった場合。
例えば、インフルエンザにかかって突然夜中から発熱して、動けなくなったとしたら。
おまけにそれが週末で、友だちや職場の人にもすぐには気付いてもらえなかったりしたら。

怖いですね。

災害備蓄の意味も込めて、一切料理はしない人でも、
多少の食料のストックはあった方がいいと思います。

人それぞれ、好みやアレルギーなどがありますから一概には言えませんが
カロリーメイトのようなバランス栄養食やレトルトのおかゆなど、
室温でもある程度の長期間保存できて、加熱しなくても食べられるものを、
ある程度の量、キープしておくといいと思います。

そしてそれらのものは、日常的に食べているもので、
普段のバックアップで災害備蓄を兼ねることが出来たら、理想的ですね。
いざという時は、普段から食べ慣れているものの方が、非常時の身体にも優しいでしょう。

長期保存ができるとは言っても、食品ですので賞味期限はあります。
一説によると、いざというときの災害備蓄は、1週間分が目安だそうですので、
そのあたりを自分の場合に当てはめて、キープする量を決めるといいでしょう。

そして、キープするものは、一気に賞味期限切れが来て総取っ替えをするのではなく、
たとえば賞味期限が半年で切れるものを6個キープするのなら、
少なくとも1ヶ月にひとつ入れ替える感じで、期限切れになる前に消費し、
常にある程度新しい状態を維持する、という考え方が、良いと思います。

この記事では、「自宅では全く料理をしない」場合を想定してお話ししました。
次からは、「少しだけ料理をする」場合を想定してのお話をします。

カロリーメイト
私も旦那もチーズ味が一番好き、1日1箱×2人分1週間で常時最低でも14箱キープしています。




レトルトおかゆ
温めた方がもちろん美味しいですが、冷たいままでも食べられるものです。

テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/04(日) 04:00:46|
  2. 自分で何とか・コラム
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。