自分で何とかするために

体調が悪いとき、疲れているとき、こんなものを食べればとりあえず何とかなる! このブログは、料理スキルのほとんどない、ひとり暮らしの男性を想定して書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鍋ひとつ買うならフライパン+ふた

  *まとめ*
  1つ目の鍋は18cmのフライパンとサイズの合うふたも一緒に
  熱源がIHの人は、必ずそれ用のフライパンを選ぶこと

※初めての方は、まずこちらの記事をご覧ください※

もし、賃貸で入居するマンションにガスコンロ、もしくは
IHのクッキングヒーターがついているとしたら、
すぐに料理的なことができます。

鍋とかやかんとか、凝りまくって揃えるのもいいですが
実際どのくらい使うか、使えるか見極めてからでも遅くはありません。

とりあえず、ひとつだけ買うとしたら。
フライパンと、サイズの合うふたを買いましょう。

フライパンは、普通ふたは付属していません。
サイズのぴったり合うふたが別に売られているので、
それを合わせて用意すると、使用範囲は格段に広くなります。

ふたさえすれば、フライパンでも煮たり茹でたりお湯を沸かしたりが出来ます。
焼き物や炒め物も、ふたがあるのとないのとでは、仕上がりや時間に差が出ます。
ガラスのふたにしておくと、中が見えるのでいいと思います。

フライパンは、最初のひとつ目なら、扱いの簡単な樹脂加工のものがオススメです。
テフロンとか、そういうやつですね。
前出の、サトウのごはんでおかゆを作るときも、テフロンのフライパンだと
簡単にできるし、こびりついたりしないので後片付けがとても楽です。

樹脂加工フライパンの値段はピンきりですが、この表面加工はどうしても傷がついたり、
どんなに高級なものでも、いつかははがれたりします。
もちろん丁寧に扱いつつですが、ある程度は消耗品だと割り切った方がいいです。

あと、熱源によっては使えないものがあるので注意が必要です。
ガスコンロの場合は特に気にすることはありませんが、
IHの場合は、それに対応した造りのものでなければ使えませんので、
それだけ確認しましょう。

フライパンのサイズは、一般的な直径18cmがいいでしょう。
卵焼きから炒め物まで、1人分ならとりあえずは用が足りると思います。
普通のフライパンの形のものの他、少し深さのあるタイプのものもあり
この方が、たくさん炒めたり煮物をするときはより便利でしょう。
パスタをよく作る人なら、27cm位のも持っていると、茹でと炒めができ便利ですが
それはある程度扱いに慣れてからでもいいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

  1. 2015/11/05(木) 01:24:11|
  2. 自分で何とか・グッズ編
  3. | コメント:0

冷蔵庫の話も少しだけ

  *まとめ*
  炊く前のお米は冷蔵保存がおすすめ
  冷凍・冷蔵も万能ではない、いつかは傷みます
  自分で中身を把握できるサイズを

※初めての方は、まずこちらの記事をご覧ください※


冷蔵庫は、置くスペースと、入れるもの、予算などで、好みのものを選びましょう。
もちろん、ご飯をしまっておくだけではなく
ビールやお酒の割りもの、氷やお風呂上がりのアイスなどを
入れておくこともできます。生活が一気に豊かになります。

大は小を兼ねるなので、大きめでもけっこう使っちゃいますが、
大きすぎると、電気代が無駄にかかるのでほどほどに。
冷蔵庫にいれたのを忘れて、腐らせてしまうようでは、無駄です。
冷凍・冷蔵も万能ではないので、いつかは傷みます。
自分で把握しきれる程度、食べられる程度の大きさで十分でしょう。

ちなみに、炊く前のお米は冷蔵保存にすると、味が落ちません。
あと、ひとり暮らしの場合と考えると、
冷凍庫が、ある程度の大きさがある方が、なにかと便利だと思います。

テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

  1. 2015/11/04(水) 01:19:49|
  2. 自分で何とか・グッズ編
  3. | コメント:0

ひとつだけ買うなら電子レンジ

  *まとめ*
  調理家電をひとつだけ買うなら電子レンジがいい
  温め専用の単機能レンジで十分

※初めての方は、まずこちらの記事をご覧ください※

もし、賃貸で入居するマンションにガスコンロ、もしくは
IHのクッキングヒーターがついているとしたら、
鍋かヤカンを買えば、すぐに料理的なことはできます。

でももし、そういうものが一切ついていなかったり、
“火”は使いたくない、というのであれば。
考え方はいろいろありますが、
ひとつだけ装備を整えるとしたら、電子レンジでしょう。

電子レンジがあれば、
コンビニやスーパーで買ってきたお弁当や惣菜を温めることができます。
お酒の燗をしたり、コップ1杯の牛乳を温めたりも簡単にできます。
レトルトのカレーやおかゆ、サトウのごはんのようなものも温めることができます。
そして、サトウのごはんを使って、おかゆを作ることもできます。
そう。日常的にはおかゆは食べないけど、具合が悪いときはおかゆにする、
そういうこともできるんです。

他にも電子レンジは、ものによっては、
トーストを焼いたり、オーブン調理をしたり、蒸し料理をしたり、
いろんな機能がついているものもあります。
予算とライフスタイルと消費電力で、気に入ったものを選べばいいと思いますが、
実際問題、どれだけ料理できるかわからないようでしたら、
そんなにスゴいものにしないで、基本機能だけの
温め専用のような、シンプルなもので十分だと思います。

こだわらないのであれば、家電量販店に行けば、
最新モデルが出たタイミングで、前の型の商品はたいてい安くなりますから、
そういうのを選べば、より割安に整えることができるでしょう。

使い方は決して難しくはありません。
調理家電も、オーディオ機器やカメラなどと同じで、
マニュアル=取扱説明書がちゃんとついています。
これをよく読めば、基本的なことなら割とすぐにできるようになると思います。
やってはいけない注意事項や、掃除や手入れの仕方もたいてい書いてあります。
怖がらず、面倒がらず、使ってみて慣れることです。


おなじみサトウのごはん、「玄関開けたら2分でごはん」ですね。



温め専用の単機能レンジとは↓こういう感じのもの↓です。



ちなみにウチでは、オーブン機能もある↓こんな感じのもの↓を使っています。
買ったのはだいぶ前でメーカーも違いますが、値段も内容もだいたいこのくらいです。
普段はごはんや牛乳の温めくらいにしか使いませんが、たまーーーーに、ケーキやパンを焼いてみたりもしています。

テーマ:すこしでも参考になれば・・・ - ジャンル:心と身体

  1. 2015/10/13(火) 03:38:57|
  2. 自分で何とか・グッズ編
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。